スーツのしわ取り!緊急の場合は100均に駆け込め!

公開日: : 最終更新日:2019/02/06



突然ですが洋服の収納ってどうされてますか?

ハンガーにかけて収納したり畳んで収納したりと色々ですよね。

しかしスーツなど綺麗にして収納していたとしても畳みじわがついていたりする事ってありませんか?

ちゃんとクリーニングに出してしまってたのになかなかスーツを着る機会の少ない方は奥にしまい込んでいてしわがついてしまう事がよくあります。

しかも冠婚葬祭で着るのに出したらしわが・・・。と気付いた時にはもう前日。クリーニングに出す時間の余裕もないなんてことになったら大変です。

そんな時に知っておきたい緊急時にしわを取る方法を紹介していきたいと思います。

緊急の場合のスーツのしわ取り

困ったサラリーマン

クリーニングに出す時間もなくアイロンもない・・・!

絶体絶命的状況ですが大丈夫です。

スプレータイプの衣類のしわ伸ばし剤というものがあります。その名の通りスプレーするだけでしわを伸ばすことが出来ます。

しかも100均にあるんです!

使い方は簡単です。

しわ伸ばしをしたい衣類をハンガーにかけて気になるしわの部分にスプレーし手で引っ張ってしばらく置いておくとしわが取れるようになっています。

あくまで応急的なものなのでクリーニングに出した時ほどビシッととまではありませんが目立たない程度に綺麗にすることが出来ます。

またしわ取りスプレーには使用できるものと出来ないものがあります。

使用可・・・ウール、綿、合成繊維、麻
使用不可・・・レーヨン、シルク

全てがこの通りではありませんので事前に確認するかもしくは目立たない所に吹きかけて問題ないか確認をしてから使用してください。

同じ合成繊維でもポリエステル100%の生地は成分が浸透しないためしわ取りの効果が出にくくなっています。

急に必要になることがあるので家にストックしておくといいでしょう。

今では携帯できるミニサイズのものも販売されているので出来るサラリーマンの必須アイテムになるかもしれません。

アイロンがある場合

ご自宅にアイロンがあると急に必要な時にしわが気になっても少しは安心ですね。しかしスーツはなかなかデリケートな素材で出来ています。

手早く綺麗に仕上げられるように守っておきたいコツがあるので紹介していきます。

まずスーツにアイロンをかける時に大切なことは

  • 温度
  • 水分
  • 当て布

この3つです。

アイロンの温度なんて関係あるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが大切なんです。

アイロンの設定温度はスーツの素材によって異なります。アイロンをかける前に必ずタグに書いてある素材を確認してください。

では素材ごとの設定温度です。

  • 綿、麻の時は高温(180~200℃)
  • ウールの時は中温(140~160℃)
  • ナイロン、アクリルの時は低温(110~130℃)

このように素材によって設定温度は変わってきます。

誤った温度でアイロンをかけてしまうと生地が傷んでしまいます。また折り目が強くついてしまう為万が一違う部分に折り目がついた時に元の状態に戻すのが難しくなってしまいます。
なので素材に対して正しい温度でアイロンをかけてあげる事が大切です。

次に水分です。

スーツにアイロンをかける場合はスチーム機能のあるアイロンであればスチームでかけて下さい。

水分を与える事で「しわ伸ばし」「脱臭」の効果が得られます。

スチーム機能のないアイロンであれば霧吹きでしわを伸ばしたい部分に軽く吹きかけてあげる事で同じ効果があります。簡単にいうと寝ぐせと同じです。

濡らすと元に戻しやすくなりますよね。

注意点としてはウール100%のスーツの場合は軽く湿らせる程度にしておきましょう。ウールは水分に弱いためかけ過ぎると縮んでしまう恐れがあります。

最後に当て布です。

これは必須になります。

そもそも当て布とはアイロンと衣類の間に敷く布の事です。アイロンを直接衣類にかけてしまうと生地が傷むことがあります。

そのため1枚布を敷き衣類が傷まないようにするのです。当て布は出来れば綿100%のものを使用してください。

ハンカチなどの薄めの布で十分です。色も白だと下のスーツが見やすくなるのでアイロンをかけやすくなります。

以上3点を守ってアイロンをかけると綺麗に失敗なく仕上げる事が出来ます。

新調とクリーニングどちらが良い?

しわしわになってしまったスーツ。もちろんそのままなんて着れませんよね。

思い切って新調するのも手かもしれませんがスーツは決して安いものではありません。そこは一度プロに任せましょう。

クリーニングに出せばビシッとなって返ってきます。

最近では宅配クリーニングもあります。

店舗に持っていくのではなくお店側が家まで集配や配達をしてくれます。遠隔地では宅配便や運送会社が代行している場合もあります。

近くに店舗がない。
持っていくのは大変。

などの困っている場合は宅配クリーニングを利用するのも良いかもしれませんね。


今回はスーツのしわ取りについて紹介していきました。今では仕事の服も多様化しスーツを着る機会も徐々に減ってきましたね。

それでも大事な日には身も心もシャンとさせてくれるスーツ。ビシッとしたスーツを着こなすのも大人の嗜みかもしれませんね。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です