育児の手抜きのコツ! 罪悪感で出来ない真面目な人向け!

公開日: : 最終更新日:2019/02/16



子供のお世話に家事に・・・ましてやお仕事をしているママは毎日大忙しですね。1日24時間じゃ足りないと感じているママも多いのではないでしょうか?

ママは世界一大変なハードワーカーです。自分の事なんて二の次三の次で夜は布団に倒れこむ・・・。そして夜中には子供の夜泣きが・・・。

あっという間に朝です。

それでも育児に対して手を抜けないまじめなママともなると年中無休のコンビニママになってしまいます。

家事も育児もほどほどに・・・。

「することはする!」「手を抜くところは手を抜く!」

メリハリを付けたほどほど育児を紹介したいと思います。ママはスーパーマンではありません。上手に手を抜いて自分の時間も楽しみましょう!

育児の手抜きのコツ

お疲れママ

私が言い出したのですがまず「手を抜く」という言葉が少しネガティブな印象を与えてしまいますね。

「手を抜く」というよりはショートカットするイメージで考えて下さい。

まず育児で大変なのはご飯の準備ではないでしょうか?

子供が幼稚園、保育園に行ってなければ朝昼晩の3食に加えおやつともなると1日中ご飯を作っている気がしてきます。

それなら1回の料理で2食分作るようにしてみてはいかがですか?まとめて野菜を切り下準備までをまとめてしてしまうのです!

例えば夕食にカレーを作る場合はジャガイモ、ニンジン、玉ねぎは多めに切って茹でます。

少し硬いくらいで取り分けその分を肉じゃがに味付けしてしまえば明日の分まで出来上がります。

そういったまとめ料理は事前に数日分献立を考えて買い物をするので余計な買い物をせず節約にも繋がります。

野菜の特売日だったら最高ですね!

また食事に関しては後片付けが大変ではありませんか?私はもっぱら洗い物が嫌いです。

なので今日は洗い物したくないなーという時には「ピクニック大作戦」を決行します。

その名の通り家の中もしくは庭でピクニックをするんです。

おにぎりはラップに巻けばあとは捨てるだけですしおかずも大きめのお弁当箱に入れれば洗い物は一つで済みます。

何より子供が一番喜びますよ。家の中でシートを敷いたり庭でテントを張ったり。

そしてこれの一番の利点はこぼされても気にならない事です。所詮シートに上ですし庭に至っては何の問題もありません。

子供の食事はこぼすのが仕事なのかと思うほどテーブルも椅子も汚れますね。「ピクニック大作戦」で完全なストレスフリーです。

手抜きに罪悪感を感じる必要はない

そもそも家事や育児に対して手を抜くことに罪悪感を感じる必要はありません。

日本人は昔から
「苦労は美徳」
という考えが根付いてしまっています。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われるように日本人は楽をする事に対して罪悪感を感じてしまいます。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉には「将来役に立つ日が来るから」といった意味合いもありますが育児に関しては関係ありません。

上手に手を抜かなければママはいっぱいいっぱいになってしまいます。ましてや専業主婦のママは誰からも褒められることなく24時間365日休みなく働いているのです。

どんなに大変な仕事でもお昼を食べられない日なんてそうありません。家に帰ればゆっくり出来ますし休みだってあります。夜だって1人で朝まで邪魔されることなく眠ることが出来るのです。

しかしママは24時間体制でスタンバイしている状態なんです。

だったら日々の育児の中で手を抜ける所は抜いていかなければパンクしてしまいます。

もちろんきちんとするところはきちんとして必ず毎日しなくて良いことは1日おきにするなど工夫していきましょうね。

空いた時間の使い方

では上手に手を抜けるようになったら何をしましょうか?

その時に出来てなかった所の掃除なんてしないで下さい。

自分の時間を持ちましょう。

子供がお昼寝している間に晩御飯の準備だった時間は少しだけいいコーヒーを入れてチョコの一つでもつまんで下さい。

一緒にお昼寝するのだってありです。ママはただでさえ寝不足なんですから。私はもちろん一緒に寝てむしろ子供に起こされていましたよ。

そして子供を公園に連れていく、散歩に行くのだって義務ではありません。逆に自分の散歩に子供と行くイメージでお出かけしてみて下さい。

すると意外と普段気が付かないことに気付けることもあるかもしれませんよ。季節の変わり目の木々も散歩をしながら子供と眺めるのも心が癒されます。

パパが休みの日にはパパと子供とお出かけをしてもらうのも良いですね。

日頃子供との時間を持てないパパも子供と存分に遊べますし子供をひとりで見る大変さも伝わります。

そんな時間に溜まっていくばかりだった録画されたドラマでも見ましょうね。

ママだって24時間体制だと疲れて当たり前です。家事も育児もほどほどにしてたまにはゆっくり休んでください。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です