義両親に孫が取られるような気分・・・なんとかしよう!

公開日: : 最終更新日:2019/05/25



赤ちゃんが産まれ家族が増えると家庭が明るくなりますよね。親戚や両親にも可愛がられる子供の存在は何よりも大切です。

しかし自分の子供が親にとっての初孫となると親の可愛がり具合も変わってきます。

自分の親にだと何でも言えるけど旦那側の親となるとなかなかはっきり言いづらいこともあります。

それがエスカレートしていくと何だか自分の赤ちゃんが義両親に取られた気分になってしまうことも。そうなると義両親との関係も悪くなってしまいます。

今回は義両親に赤ちゃんを取られるような気になってしまった時の対処法を紹介していきます。

義両親に孫が取られそうな時はどうしたらいい?

親子 喧嘩

義両親に取られそうだと感じた時はまず赤ちゃんのお世話は自分でするという事、サポートが必要な時には甘えさせてもらいます。という事を伝えましょう。

義両親は孫が可愛いあまり身の回りの事全てをしてあげようとします。もちろんそこに悪意はありません。むしろママを子育てから少しでも解放させてあげようと善意すら持っている場合があります。

しかしママは赤ちゃんのお世話は自分で!と思っています。

特に産後はホルモンバランスもまだ崩れていることもあり精神的に不安定な時があります。いわゆる「ガルガル期」です。子供を守るため野生動物のように近寄るもの全てを警戒してしまう時期ですね。

個人差はありますが「ガルガル期」に義両親が赤ちゃんのお世話を過度に干渉してくると赤ちゃんを取られる!と感じてしまうのです。

ママの中には赤ちゃんのお世話をしてくれて助かる!と感じたり孫を可愛く思ってくれてる証拠だなと思うママもいます。そう感じているママは思う存分お世話をお願いして少しだけ子育てから解放されましょう。

しかし義両親が孫を離してくれない、自分の赤ちゃんなのにお世話もさせてもらえないなど不満に思っているママははっきり伝えておきましょう。

ママの気持ちが大切です。

また義両親との関係が悪くなりそうだと心配なママは旦那から伝えてもらう事がお勧めです。

自分の気持ちを素直に旦那に伝えさりげなく義両親にも伝えてもらうといいですね。

ここで注意したいのが旦那がその役回りが出来るのかどうかです。

「ママが全部のお世話したいらしいから手は出さなくていいよ」なんてドストレートに言っていまうと本末転倒です。義両親との関係はボロボロに・・・。

男性は気を回した言い方をすることが苦手です。それとなく伝えてもらえるように事前に言って聞かせましょう。

なぜ義両親が孫に執着するのか考える

ではなぜ義両親は孫に執着するのでしょうか。それは「可愛いから」その一言に尽きます。

まず子供と孫の違いは責任の有無です。

自分の子供であれば教養、マナー、ルール、健康など様々な事において責任が生じてきます。

しかし孫はそういった責任は負わずにただ可愛がるだけで十分なんです。しかも自分の子供の幼少期を思い出し愛しさ倍増です。

また最近では同居をしている家庭も少なくなってきました。なので孫に会う機会は多くて月1回や遠方になると年に数回のところもあるでしょう。

久しぶりに会う孫を離したくない、一緒にいたいと思うのは当然かもしれません。そして子供もある程度大きくなってくると自分を甘えさせてれる人がわかってきます。すると義両親と一緒にいる間は子供が義両親からべったり離れなくなります。

相思相愛の出来上がりです。

義両親の孫への執着は加速するばかりです。

そんな中ママが子供の事を自分でしようとすると逆に義両親が「孫を取られた」と感じてしまうことすらあります。

そういった面から見ても義両親は孫へ執着する理由は明らかですね。

私も子供が小さい時は義両親の実家に行くと自分のもとに子供がいる事はありませんでした。気付いたら違う部屋で遊んでいたり勝手にお菓子をあげていたり。

目に余ること以外はそのままにしていましたがまだ食べさせたことのないものをあげようとした時には流石にくぎを刺しました。

「食べ物をあげる時には私に聞いてください。出来ないのであればもう連れてこれません。」と。

義両親からすればママが連れてこなければ孫に会う事は出来ません。

これを言えるのは義両親との関係性にもよりますが自分の目に余ると感じた事ははっきり伝る事も大切です。

義両親と上手く付き合うコツ

しかしいくら子供を取られたくないと感じていても義両親との関係を断つことは出来ませんよね。子供の為にも義両親と上手く付き合っていく事は大切です。

では義両親とどう上手く付き合っていけばいいのかコツを紹介します。

何でも言える関係性を築く

これが一番大切です。しかしこれが一番大変でもあります。

義両親の性格、自分の性格も関わってきますし何より赤ちゃんが生まれる前にある程度の関係性は出来上がっています。

それでも赤ちゃんが生まれ環境が変わった事で伝えられることもあると思います。義両親と言えどある意味子育ての先輩です。自分から子育ての事を聞いてみましょう。

そして教えられたことを自分でやってみます!と義両親がやっていた赤ちゃんのお世話も自分でするのです。

そうすると義両親から見ても「嫁に孫を取られた!」と感じることなく自分が教えた事をやってくれてると素直に受け入れてくれるかもしれません。

孫が可愛いが故と理解する

何も義両親はママが憎くてやっているわけではありません。孫が可愛くて仕方がないのです。

逆に有難いことだと思い思い切ってお任せる事も大事かもしれません。1か月の中の数時間。譲る気持ちも大切です。


義両親にとっての孫はかけがえのない存在です。

義両親に取られたと感じるその前に一歩下がってその光景を見てみて下さい。

自分の子供が多くの人に愛され大切にしてもらい愛情を受けている姿が見えてきます。

「子は宝」

誰からもそう思ってもらえるあなたの子供は間違いなく幸せです。温かい目で見守ってあげましょう。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です