妻から愛情を感じられない!そんな妻からの愛情を取り戻す方法

公開日: : 最終更新日:2019/07/12



夫婦になると恋人同士とは違いお互いが空気のような存在になるとよく言いますよね。

でもそれってどういう意味なのでしょうか?

空気のように生きていくうえで必要な存在?それともいて当たり前の存在?

同じ言葉でも受け取り方によっては意味が全く違ってきます。

最近妻からの愛情を感じなくなったと言う旦那様は多いのではないでしょうか?

気付かない間になくなってしまった妻からの愛情は取り戻せるのか今更ながら心配していませんか?

まあいいかどうにかなると放置しようとしていませんか?そのままで本当に大丈夫ですか?

放置すると大変な事になるかもしれませんよ。

今回は妻から愛情を感じなくなったと思っている旦那様方にあえて女性の私から出来るアドバイスをしたいと思います。

妻からの愛情の取り戻し方や愛情がなくなった理由や今後も仲良く過ごせる方法を紹介します。

妻からの愛情を取り戻す方法

妻起こる

では妻からの愛情はどうやって取り戻せばいいのでしょうか?女性目線での案をいくつか紹介します。

お休みをプレゼント

お子さんがいる家庭では妻はなかなか休む暇がありません。旦那が休みの日に休んでいる時間も妻はまったく休んでいないのです。

子供を一人で遊びに連れていったり子供の面倒を見るからと妻に出かけておいでと言ったり妻にゆっくり休める時間をあげましょう。

ただし気を付けなければいけないのは旦那が子供を家で見ていて妻に一人でゆっくりお出かけをさせてあげた時です。

必ず帰って来るまでには家の片づけは最低限しておきましょう。食べたお昼ご飯の食器がそのままシンクに置いたままなどもってのほか。

きちんと片付けて妻の帰りを待ちましょう。

たまには2人でデート

なかなか2人でデートをする事ってないのではないですか?

子供の年齢にもよりますが2人の時間が少しでも取れるのであればただ出かけるのではなく「デート」をしましょう。

映画を見に行ったり少しいいランチやディナーに行ったりほんの少しで良いので特別な事をしてみましょう。

感謝の言葉を伝える

改めて「いつもありがとう」と言う必要はありません。

日常の何気ない時でいいのです。何かを取ってもらった時などでも構いません。

ちゃんと「ありがとう」を言うようにしましょう。日々の中で「ありがとう」という事で日常会話も増えてきます。

また「ありがとう」だけでなく「おはよう」や「おやすみ」などの挨拶も大切です。


このように特別な事をする必要はありません。

しかし簡単な事なのに普段しているかと言えばしていない事ばかりではありませんか?一度まずは自分が出来そうな事からしてみて下さいね。

なぜ妻からの愛情がなくなった?

ではなぜそもそも妻からの愛情がなくなってしまったのでしょうか?心当たりのある方は少ないと思います。

それは何か大きなきっかけがあるわけではないからです。

日常の些細な出来事の積み重ねで妻からの愛情がなくなってしまったのかもしれません。

妻からの愛情がなくなってしまう可能性のあるその些細な出来事を紹介します。

  • 自分ばかり疲れたアピール
  • 男性はもちろん外で働いている為疲れている事はわかります。しかし妻だって家の事や子供の事で疲れているのです。

    自分ばかり疲れていると思って妻の話を聞き流している事ありませんか?

    疲れていてもお互い様。妻の話もちゃんと聞いてあげましょう。

  • 家の事をまったくしない
  • 家事をすべて妻に任せっきりになっていませんか?家の中で妻がバタバタ家事や育児をしている中何をしていますか?

    休みの日には昼まで寝て1日中ゴロゴロしていては妻は旦那の休みをうざったく思ってしまいます。

    妻が家事をしている間は子供の面倒を見ましょう。

    たまには食器洗いくらいしましょう。

    一緒に暮らしている家です。妻に任せっきりにするのは厳禁です。

  • 会話がない
  • 疲れていて仕事から帰って来ても会話がまったくなくなると妻は旦那への愛情を持たなくなります。

    お互い話をしなければわからない事だってあるのです。食事中でもいつでもいいのでテレビを消して話をする時間を作りましょう。

    いくら夫婦といっても元は他人です。互いをいたわり合えなければ愛情だって持てません。

    もう少し妻をいたわる事が出来たら何か変わるかもしれませんよ。

男女での愛情表現の違い

そもそも男女で愛情表現が違うって知っていましたか?

男性はプレゼントをあげたりサプライズをしたり目で見てわかりやすい愛情表現をします。

一方女性が愛情を感じるのは何気ない事を褒めてもらったり「ありがとう」を言われることで愛情を感じます。

また女性はそれが悪い事でもはっきり言ってほしいと思っているのです。

例えば

  • 料理の味が薄い
  • この料理は苦手だ

などは男性は言わなくて済むものなら言わないところも女性は言ってほしいを思っています。

一見言ったら喧嘩になりそうな事でも言われる事で治す事が出来るのです。

男性は「言わなくてもいい事なら言わない」と思っていてもついぽろっと関係ない時に言ってしまうのです。

「今言われるくらいならその時に言ってよ」と女性は思います。

いい事でも悪い事でもなんでも話せるような関係でいる事が大切なのです。

離婚する夫婦に多いのは「会話がなくなった」という事です。

私の周りでも1日一緒にいても会話することないと言っていた友人はやはり離婚してしまいました。

愛情表現は大切です。しかしこれ以上に相手に伝わりやすい愛情表現をする事が大切になります。

放置すると離婚の危機も

妻から愛情を感じられないなと思いながらもそのままにしていませんか?これが平和な家庭のあり方だと勝手に思ってはいませんか?

それではいずれ大変な事になるかもしれませんよ。

それは「離婚」です。

愛情があって結婚したのであれば愛情がなくなれば離婚となるのも当然と言えば当然なのかもしれません。

妻から愛情を感じないという事は妻は毎日好きでもない人の服を洗濯し好きでもない人のご飯を作り好きでもない人と一緒に寝るている事になるのです。

そんな事ではいずれ妻は「離婚」を考えるようになります。

本格的に妻が離婚を考えだしたらやり直す事は厳しいでしょう。女性はこうと決めれば曲げません。

それを回避したいのであれば早期修復が鍵です。時間が経てば経つほど修復は困難になります。

もう一度妻に振り向いてもらえるように努力する必要があります。

いきなり何かをすれば愛情のない妻は冷たい目で見てくる事でしょう。「何企んでいるの?」と勘繰られることもあるかもしれません。

しかし折れてはいけません。

妻の愛情を取り戻し「離婚」を回避したいのであれば妻の愛情が戻るまで努力しましょうね。

いつまでも恋人でいる事が大事

夫婦とは気を使うことなく自然体でいられる素敵な関係です。

しかしこれを一歩間違えるといてもいなくても一緒の存在にもなり得る事を理解しておきましょう。

お互いが好きで結婚した者同士。いつまでも恋人同士のような関係でいられるといいですね。

御年配の夫婦が手を繋いで歩いている姿を目にする事があります。私はその姿が本当の夫婦のあり方のように感じます。

夫婦になると子供が産まれ家族の番は子供となっている家庭も多くあると思います。

しかしその家族だって初めは夫婦2人から始まっているのです。もう一度好き同士だった頃に戻っていつまでも恋人同士のような夫婦を目指して下さいね。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です