ハロウィンで仮装するのはなぜ?理由が分かればカッコイイ!

公開日: : 最終更新日:2018/10/15



ハロウィン特別な夜には大人が子どもに戻って、子どもが動物に変身!仮装パーティーの始まりです。この夜のできごとは、あなたにとって最上の思い出となるでしょう。

なぜハロウィンで仮装するの?

ハロウィンといえばアメリカ。19世紀にヨーロッパ(キリスト教徒)から伝わってきた宗教的な風習を、現在のイベント風にアレンジしたと言われています。ハロウィンの仮装は伝統的に行われていましたが、アメリカで宗教色の薄いエンターテイメントとしての仮装に変わっていきます。

現在のアメリカでは特に子どもの仮装に親が力を入れ、その日はコスチュームで登校OKなんて学校もあるみたいです。親からすれば、1年に1度成長したわが子を着飾って記録に残せるチャンスなのでしょう。日本の七五三と感覚は似ているかもしれません。

そもそもの始まりは、2千年以上も前にさかのぼります。祭りの前夜にやって来た幽霊達に混じっても、目を付けられないようにする為に仮装したのが始まりです。幽霊のような格好や、亡くなった人の格好をしていました。昔はどれだけ幽霊たちに紛れられるかが焦点でしたので、どれだけ目立てるかと考える現在とはまるで逆ですね。

小さい子供だけに限らず、若い世代は自分の仮装した姿をインスタグラムやスナップチャットに投稿する事が目的だったり。

YOUTUBE等の動画投稿サイトには、〈簡単にできるハロウィンコスチューム〉〈ハロウィンメイク〉などの動画が沢山上がります。

ゾンビや魔女などの定番の仮装も根強い人気ですが、その年人気があった映画のキャラクターの衣装やメイクをまねしたり、寿司やスターバックスのドリンクになってみたり。

カップルの間ではペアでセットの仮装をしたり、例えば歯と歯ブラシ、チャーリーとチョコレート(チャーリーとチョコレート工場)。友達達と一緒に歌手グループのメンバーに仮装したり等。自由の国だけあって発想が自由ですね。

日本に渡ったハロウィンは、さらに仮装イベントとしての意味合いが強くなります。

もともとアニメキャラクターなどのコスプレが盛んな日本。ここぞとばかりに各地で仮装イベントが行われます。

特に外国人が多く集まっている学校でのイベントや、大都市では大盛り上がり。楽しそうな若者を会社帰りの電車で見るなんて光景も恒例になりましたね。

たまにとっても上手な血のりメイクをしてる子がいたりして本当にビックリしちゃったり。そんな人たちをぼーっと眺めながら、私たちはいつだって、窮屈なスーツや制服と一緒に自分を脱ぎ捨てる場所を探しているのです。

仮装の由来はどこにあるの?

キリスト教徒の祝祭になる前は、ハロウィンはケルト人という民族の儀式でした。彼らの1年はちょうどこの日に終わり、前年に亡くなった人たちの魂が戻ってくると信じられていたのです。

ところが、この日にやってくるのは良い魂ばかりではありません。中には生きている人間に憑こうとする悪霊もいるのです。

そこで、彼らはまるで死人のようにおぞましい格好をして、自分の身を守ったといいます。それが仮装の始まりでした。今でもモンスターやゴーストに仮装する人が多いのは、そういう理由だったのですね。

仮装パーティー開催!お父さんの衣装はどうする?

さて、ここは日本のとある家庭。今年のハロウィンは友人や親戚を招待してホーム・パーティーをすることになりました。お父さん、お母さん、そして子ども。ドレス・コードはもちろん『仮装』です!

1番張り切っているのはお父さん。ここは一家の大黒柱として、パーティーを盛り上げねば!気合充分です。さぁ、どんなものになってみようか。

映画のキャラクター

ハリウッド映画の登場人物に変装すれば、人気者間違いなし。その年にヒットしたものや、定番のジャック・スパロウスパイダーマンなんかもいいですね。

ドラキュラ

男性の定番コスプレ。自前のワイシャツに黒のスラックスをはいて、その上に黒のマントを羽織るだけでそれらしく見えちゃいます。

ドラキュラ

お母さんはどんな衣装を選べばいいの?

次に衣装を考え始めたのはお母さん。いろんな人が来るパーティーだから、奇抜なものや下品なものはダメよね…それにパーティーの準備なんかもあるから、動きやすいものがいいわ。さて、どんなものにしましょう。

魔女

アメリカで最も人気の高いコスチューム。魔女がいるといっきに会場がハロウィンらしくなります。しかも黒のワンピースにとんがり帽をかぶるだけなので、準備も当日も楽チンです。

魔女

ネコ

猫耳カチューシャをつけたり、猫耳パーカーをかぶったりと、バリエーションはさまざま。女性らしくて、オリジナリティを出すことのできる仮装です。

子どもが変身するのは?

さて、両親が最後の楽しみにとっておいたわが子のコスチューム選び。もちろん本人の意思は尊重しつつ、できるだけ疲れないものにしてあげたい。この歳のハロウィンは1度限り!よし、最高のものを見つけよう!

動物や昆虫

イヌ、ネコ、クマ、テントウムシにミツバチ。男女問わず動物系コスチュームは大人気。両親とあわせて動物親子の仮装なんかも素敵ですね。

プリンセスやアクションヒーロー

きらびやかなプリンセスやパワフルなヒーロー。子ども時代、1度はあこがれませんでしたか?案外動きやすい衣装が多いのが特徴です。

パンプキンかぼちゃ

クラシックにかぼちゃになっちゃうのはどうでしょう。まるまるっとした子どものフォルムだからできる仮装ってありますよね。小学校にあがる前のお子さまには特におすすめです。
カボチャコスプレ

小学生以上の子には、妖精や海賊、忍者なども人気が高いです。実は忍者のコスプレは、アメリカでも予想以上に見かけることが多いんですよ。

これらの衣装は、手作りをされる方が多いようです。自前の洋服をアレンジするだけでも案外それらしくなります。また、既製品を買う場合はインターネットがおすすめです。中には、ハロウィン衣装専門のショッピングサイトもあるので、時間をかけてじっくりと選んでくださいね。



ハロウィンは日本人にとってはまだ新しいイベント。つまり、とっても自由なのです。モラルさえ守れば「これ」という仮装のルールはありません。ハロウィン・ナイトは思うままに、誰よりも奇妙に、誰よりも素敵に変身してくださいね。

【ハロウィンの関連記事はコチラ】

ハロウィン!アメリカでのお菓子はどんなもの?

ハロウィンの起源!ケルト人とは?ケルト神話とは?

ハロウィンの由来!子ども向けに上手に説明するには?

ハロウィンでパンプキンお菓子の作り方!

ハロウィンにかぼちゃはなぜ?ジャック・オー・ランタン?

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です