彼氏とスケート!どんな服装でデートする?

公開日: :



大好きな彼氏と会う時はいつも可愛い自分でいたい!でもスケートは氷上のスポーツ…防寒対策しないとつらいかも。けど、あまりにも防寒ガチガチの色気のない格好はしたくない!!

そんな、ちょっとわがままだけど切実な気持ち、ものすごくよく分かります!!可愛さと実用性の両立は決して不可能ではありません。デート時のコーディネートのためのお役立ちポイントを集めました。

スケートデートにお勧めのファッション

スケート
スケートはスポーツだし、適しているのはパンツスタイルなんだろうな…それは分かってるけど、でもやっぱりスカートの方が可愛いからスカートはきたい。どっちにしよう、どうしよう…とお悩みのあなた、ご安心ください。

最初は寒いですが、動き回っているとどんどん温かくなってくるので、冬の野外でスカートOKな方はアイスリンク上でもOKです。

大丈夫、スカートはいちゃいましょう!

弱点はコーディネートでカバーします。まず生足はNG。ストッキングや薄手のタイツも、転んだ時に破れます。必ず厚手のタイツかレギンスをはき、素肌をカバーしましょう。

スケートリンクの氷の上はツルツルのイメージですが、たくさんの人が氷を削って滑っていますので、実際の表面は氷の粒や溝でかなりゴツゴツしています。

そんな場所で転んで素肌を氷上でこすると、切り傷になることも珍しくありません。流血で氷を血染めにしたら彼氏も焦っちゃうし、何より痛くて楽しいデートどころじゃなくなります。

また「スカートはいちゃいましょう!」とは言いましたが、はくのはタイトスカート以外のスカートにしましょう。

まずタイトスカートは動きにくい。それに動くと裾がずれ上がってみっともないし、彼氏に恥をかかせちゃいますよ。

できる女子はどんなポーズでも…たとえ転んでも可愛く見えるよう、あらゆる事態を想定してファッションをセレクトするものです。どんなに可愛いタイトスカートでも、彼氏に見せるのは次のデートに取っておきましょう。

スケートデートに持って行きたいモノ

スケートは意外に汗をかきます。けっこう楽しくて滑りに没頭し、始めは寒かったけど気が付くと汗だく、ということもよくあります。

一般的に女性より男性の方が汗かきなので、タオルを持っていくといいと思います。小さなタオルハンカチを身につけておいて、彼氏の汗を拭いてあげましょう。

あとかなり体力を消耗するので、小さいアメやチョコなどちょっとつまめて体力を回復できるものをバッグにしのばせておくと、休憩時や帰る時にホッとできるおやつになりますよ。

あと、これはデートに限りませんが、スケートに手袋は必須です。ほとんどのアイスリンクでは無いと入場できません。手持ちの手袋を持参しましょう。毛糸のもので大丈夫です。

スケートデートに失敗しないために

スケート靴
可愛く装うことももちろんですが、なんといってもデートの大事な点は、二人で楽しい時間を過ごすこと!ファッション性を保ちつつ、防寒対策、痛み対策はこっそりバッチリしときましょう。

スケート靴は硬い皮で作られています。しかも履く時は足にフィットさせるために靴ひもをギュッと締めます。なのでスケート靴と素足の間にクッションがないと足がかなり痛くなってしまいます。

厚めの靴下または普通の靴下なら二枚持参して靴の下に履き、足を守ってくださいね。(かといってスキー用の靴下は厚すぎて今度はスケート靴が入らなくなる恐れがありますので、ほどほどの厚さのものを選んでください。)

もしかしたら靴擦れが起きるかも知れません。ばんそうこうを多めに持って行きましょう。

スケートは足元から冷気が伝わってきます。寒がりな人はアイスリンクにいる間だけでもレッグウォーマーを装着した方がいいと思います。

そして頭には毛糸の帽子をかぶりましょう。本来なら初心者はヘルメットを勧められるのですが、デートでヘルメットをかぶるのは抵抗ある人も多いと思うので、ヘルメットの代わりにかぶっておきましょう。

痛みや寒さを我慢すると、どうしても楽しめませんよね。そんなつらい気持ちが彼氏に伝わると「俺といてもつまらないのかな…」と余計な誤解を生んで雰囲気が悪くなってしまうし、気を付けたいですね。


スケートデートの服装で気を付けたい点は…

  • スカートでもいいけど生足はだめ。必ず厚いタイツかレギンスを履く
  • タイトスカートはNG
  • アイスリンク上にいる間だけでも、帽子やレッグウォーマーで防寒を取り入れる
  • しっかりした靴下と手袋は必須

そして履いていく靴は、できればヒールの無いぺたんこ靴がおすすめです。スケートはけっこう足の筋肉を使います。太ももやふくらはぎ、足の裏など普段使わない筋肉を使うので、帰る頃には足がかなりガタガタになります。

なので、できるだけ足を楽にできる靴を選びましょう。スニーカーや、履き心地の楽なヒールのないブーツがベスト。私はいつもブーティーを履いて行きます。

ハイヒールを履いていくと、多分帰る時にめちゃくちゃ後悔すると思います…。できる範囲で自分の足もいたわってあげてくださいね。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です