枝毛や切れ毛のケア!トリートメントとシャンプーは何が良い?

公開日: :



光沢のあるロングヘアは女性の憧れですよね(*^_^*)

仲間由紀恵さんや北川景子さんのような美しい髪に憧れて髪を伸ばしている私。

「美しいロングヘアーで世の男性を振り返らせてやるっ!」とまでは言いませんが、せめて気になる人に「綺麗な髪だね」って言われたい、そんな思いでした♪

ところがいざ髪を伸ばしてみるとパッサパサのスッカスカ(;一_一)

枝毛や切れ毛だらけなんですよ。

「こんな髪なら切った方がマシ!でも伸ばしたい、、、」

そう思った私は美容室でトリートメントをしてもらおうと何件か調べたら安くても7千円くらいかかるんです(+_+)

毎月通うにはちょっときつい金額ですよね。

そこで自宅でケアするために色々な方法をためしたんです。おすすめの補修方法やシャンプー、トリートメント、枝毛や切れ毛の原因と対策をお伝えしていきます(^O^)/

枝毛や切れ毛のケアにおすすめの補修方法

おすすめの補修方法はココナッツオイルを使用する方法です。ココナッツオイルは美容と健康にいいとされて話題になっていますよね。天然成分なので髪や肌にも安心して使えます。髪に潤いをもたらしてくれるんですよ。

【ココナッツオイルを使ったケア方法】

  1. ココナッツオイル大さじ5杯を器に入れる
  2. オイルを手の平でのばし、毛先まで髪全体になじませる
  3. 頭皮をマッサージする
  4. くしで髪をとかし、アップにしてひとつにまとめる
  5. まとめた髪にラップを巻いて30分~1時間放置する
  6. シャンプーでよく洗い流す
  7. 髪をドライヤーで乾かす
  8. 乾かした髪の毛先に少量のオイルをつける

方法はとっても簡単ですよね。頭皮をマッサージするのは血流を良くするためです。ラップで巻いた上から温めたタオルで巻いておくとさらに効果を感じられますよ。

オイルでケアした後のシャンプーやトリートメントはどのようなものがおすすめなのでしょうか?

おすすめトリートメントとシャンプーは?

シャンプー&トリートメント
シャンプー

Repair Shampoo リペアシャンプー

リペアシャンプーはリソウという化粧品を開発している会社から出ているシャンプーです。
このシャンプーはリペアジェルという美容液が配合されているのでトリートメントは必要ありません。

口コミの多さから購入してみたんですが、こんなシャンプー使ったことがないって思ったくらい衝撃でした。

液はドロッとしてなくてどちらかというと水に近い感じですが、泡立ちがすごくてシャンプーだけなのにトリートメントで洗っているかのような指通りなんです。洗い流した瞬間からサラサラでこのシャンプーを使いだしてから髪質が変わりましたよ。

 

PANTENE CLINICARE パンテーンクリニケア 毛先まで痛んだ髪用

こちらのシャンプーは、パーマやカラーで痛んだパサパサの髪もしっとりします。シャンプーだけでも十分しっとりして寝ぐせがつきません。

香りもきつくないので使いやすいですし、絡まっていた髪が使い続けているうちに絡まなくなってきたので補修されているのがわかります。

 

トリートメント

BOTANICAL TREATMENT ボタニカルトリートメント モイストしっとり

ボタニカルトリートメントは「スムースさらさら」もありますが、痛んだ髪にはモイストしっとりがおすすめです。髪をコーティングしたかのようにしっとりします。ボトルもおしゃれで、美容室のトリートメントのような品のある香りです。

 

エデンの女神

こちらのトリートメントはシャンプーのいらないトリートメントです。液が固めなので最初はこれだけで洗えるのかな?と思ったのですが、クリームクレンジングみたいに頭皮をマッサージして毛先などにもなじませると、頭皮がスーッとしてくるんです。

泡でゴシゴシ洗いたい人にはおすすめできませんが、ゴシゴシしないから髪が傷まないそうですよ。サラサラの髪になります。

 

トリートメントやシャンプーでケアできても、枝毛や切れ毛の原因がわからないと同じことの繰り返しです。どうして枝毛や切れ毛ができるのかを見ていきましょう。

枝毛の原因と対策

枝毛
髪が傷むと髪を守るキューティクルが剥がれ、髪の中の水分が失われて縦に裂けると枝毛になります。枝毛の原因と対策を見ていきましょう。

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマは回数が多いとキューティクルが剥がれる原因になります。3ヶ月に1度くらいには間隔をあけてみてください。

ドライヤーの距離

ドライヤーの距離が近いと高温で髪を痛めます。乾かす時には15cm以上は離して、1ヶ所に当たらないように動かしながら乾かしてください。

乾かしてから寝る

髪を乾かさないで寝ると枕などでキューティクルが剥がれやすくなります。乾かしてから休むようにしましょう。

合わないシャンプー

洗浄力の高いシャンプーだと必要な脂分も落としてしまいます。シャンプーは洗浄力の高いものと栄養分の多いものがあるので、栄養分の多いものを使ってください。

切れ毛の原因と対策

髪が弱くなったり、キューティクルが髪を守ることができなくて横に切れると切れ毛になります。
切れ毛の原因と対策を見ていきましょう。

切れ毛はキューティクルが髪を守れなくなるのは枝毛と同じように髪にダメージがあるからなのですが、髪が弱くなるのはこのような原因があります。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの分泌が減ると髪は弱くなります。特に頭頂部は女性ホルモンの影響を受けやすいです。女性ホルモンを整えるには過度なダイエットを避け、女性ホルモンにいいとされる大豆を使った食べ物を取り入れ、栄養バランスを考えた食事にして睡眠も十分とるようにしましょう。

静電気

静電気による刺激が切れ毛を作りやすくします。プラスチックのブラシは静電気が起こりやすくなるので動物の毛を使ったブラシなどを使用し、優しくブラッシングするようにしてください。

毛穴のつまり

毛穴がつまると髪に栄養が届きにくくなり、細くて弱い髪になります。毛穴のつまりを解消するにはトリートメントを頭皮につけないようにしたり、頭に蒸しタオルをのせてから頭皮マッサージをするようにしてみましょう。


ここまで枝毛や切れ毛について色々書いてきましたが以下がまとめです。

枝毛や切れ毛の補修にはココナッツオイル。

オススメのシャンプーは以下です。

  • Repair Shampoo リペアシャンプー
  • PANTENE CLINICARE パンテーンクリニケア 毛先まで痛んだ髪用

​オススメのトリートメントは以下です。

  • BOTANICAL TREATMENT ボタニカルトリートメント モイストしっとり
  • エデンの女神

枝毛の原因と対策は以下でした。

  • カラーリングやパーマは3ヶ月に1回
  • ドライヤーの距離を15cmに
  • 乾かしてから寝る
  • 合わないシャンプーはつかわない

抜け毛の原因と対策は以下でした。

  • 女性ホルモンの乱れ
  • 静電気
  • 毛穴のつまり

枝毛や切れ毛は日頃のケアでかなり改善できるので自分に合ったシャンプーやトリートメントを見つけてみてくださいね(*^_^*)

髪が綺麗になって朝からサラサラだとテンションが上がりますよ\(^o^)/

日頃のちょっとした努力で憧れのロングヘアを手に入れてください♪

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です