おみくじを境内の木に結ぶ理由と結び方!悪い結果を良い運勢に!

公開日: : 最終更新日:2018/10/06



おみくじをひいたことありますよね?ひいたおみくじを結んで帰ってますか?それとも持ち帰りますか?

私は先日初詣でおみくじをひいたんです。結果は人生初の大凶だったんですよ((+_+))

新年早々から大凶って、初詣のおみくじに大凶は入っていないんだろうくらいに思っていたのでかなりショックを受けました(>_< )

〈縁談・待ち人来ず〉とか悲しすぎる!!今年こそはって思っていたのでだいぶへこみました。そしたら友達が「良くない結果でも良い運勢にする結び方があるんだよ」って教えてくれたんです♪

とりあえず境内に結んでは来たけれど、良い運勢にする結び方があるなんて知らなかった!(^^)!

そもそもおみくじってどうして木に結ぶようになったんだろう?

おみくじを境内の木に結ぶ理由や結び方、良くない結果を良い運勢にするための結び方などをご紹介していきます(^O^)/

おみくじを境内の枝に結ぶ理由

おみくじ
おみくじを境内の枝に結ぶようになった理由は、神様や仏様とのご縁を結ぶためと言われています。木には神様が宿るとされてこのようなことが言われたようです。

願い事が叶うように、願いが結ばれるように木の生命力をお借りして結ぶという考えもあります。昔の人は「悪い結果は過ぎ去るようにと杉の木に」、「良い結果は待つようにと松の木に」と言っていたそうですよ。

以前は木に結ぶことが多かったのですが、木を傷つけたり成長の妨げになるということで「おみくじ結び所」というおみくじを結ぶ縄がある場所が設けられている神社やお寺もあります。結び所がある寺社では木に結ばないようにしてくださいね。

もし、良くない結果のおみくじをひいてしまっても良い運勢にするための結び方もあります。

良くない結果を良い運勢にするための結び方

良くない結果のおみくじをひいてしまった時はどうすれば良いのでしょうか?
おみくじは良い順番に以下のようになります。

  • 大吉
  • 中吉
  • 小吉
  • 末吉
  • 吉凶
  • 大凶

良くない結果をひいてしまったらショックを受けますよね。でも、良くない結果をひいても結び方によって運勢を良くしましょう。

ひいたおみくじを自分の利き手とは反対の手を使って結びます。利き手と反対の手で結ぶってかなり難しいんです。これは、困難な行いに立ち向かって諦めずに達成することでそれを見ていた神様や仏様がお力を貸してくださり、良くない結果を良い方向に導いていただけるということだそうです。

でも、結んで満足していてはダメなんです。良くない結果でも神仏からのメッセージということは頭に残しておいて、自分を戒めながら毎日努力をしていくということが大事なのを忘れないようにしましょう。

では、良い結果のおみくじを結ぶ場合はどうでしょうか?

良い結果のおみくじを結ぶ場合は?

おみくじ
良い結果のおみくじは境内の木や結び所に結ぶ場合と、持ちかえる場合があります。
結ぶ場合はどうか願いごとが叶いますようにと神仏のお力と木の生命力をお借りするんです。

その場合もおみくじに書いてある神仏からのメッセージを忘れないで慢心しないよう過ごしていくことで神仏のご加護がいただけるそうですよ。

持ち帰る場合は神棚においておくのが良いそうですが、神棚がない場合はお財布などに入れて保管しておいてもいいようです。この時、おみくじを粗末に扱ったりしないようにしましょう。

おみくじの有効期限は1年なので、1年経ったり願いごとが叶ったりしたら捨てないで神社やお寺に持って行き、お焚きあげをしてもらってくださいね。


ここまでおみくじについて色々と書いてきましたが以下がまとめです。

  • 木に結ぶのは木の生命力にあやかり、神仏とのご縁を結ぶため
  • 悪い結果は利き手と反対の手で結ぶと運勢が良くなる
  • 良い結果のおみくじは結んでも持ち帰っても良い
  • 結んで満足せずに結果をよく読んで努力する
  • おみくじを粗末に扱わない

おみくじは吉や凶で運勢を判断することが重要ではなく、おみくじに書いてあるメッセージを今後の自分の生活にどのように活かせるかが大事になってきます(*^_^*)

結果に一喜一憂するのではなく、自分がどのように気を付けていけば良いのかを考えて過ごしてくださいね(^-^)

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です