デートに遅刻してきたときの対応!もう遅刻してほしくない時は?

公開日: :



気になる彼女とのデート。彼女を喜ばせるために数日前からプランを練って、前日は緊張してなかなか眠れず…いざ気合を入れて待ち合わせ場所へ、約束より30分も早く行ったのに、遅刻してくる彼女…。

自分とのあまりの温度差に、

「彼女はあまりこのデートが楽しみじゃなかったのか?」

「実は自分は脈なしなのだろうか?」

と不安になることもあると思います。

大好きな彼女に遅刻したことを責めたら嫌われてしまうのではないかと思い何も言えず、彼女が遅刻するのが当たり前になってしまっても嫌ですね。そんな「遅刻常習犯」の彼女にはどんな対応をすれば良いのでしょうか?

相手が遅刻してきた時ベストな対応は?

遅刻
彼女が遅刻して待ち合わせ場所に到着。彼女の振る舞いや謝り方などにもよるかもしれませんが、笑顔で迎えてあげられる人や、イラッとして不機嫌になってしまう人、ハッキリ「なんで遅刻するの?」と怒る人、様々な人がいると思います。

待ち合わせとは、その日一日のデートの始まり。始まりから喧嘩をしてしまっては、その日のデートがすべて台無しになってしまいます。「彼女が遅刻してきた瞬間」への対応としては、たとえ内心はらわたが煮えくりかえっていても、とりあえずは許してあげるのが良いでしょう。

本人や相手のキャラクターにもよりますが、笑顔で紳士的に許してあげても良し、「遅せーよ(笑)」と笑いながら茶化して許すのも良しです。その日のデートはこれで解決ですが、「遅刻をしても怒られない」と認識した彼女が今後のデートもルーズになってしまうのは避けたいところです。

初デートに遅刻は脈なし?

記念すべき初デートで、自分は前々から計画を練って満を持して向かったのに彼女がアッサリ遅刻してくると、「脈なしなのか?」「彼氏だと思われてないのか?」と思ってしまいますよね。

結論から言うと、デートに遅刻したかどうかだけで脈なしかどうかを見極めることはほぼ不可能です。

遅刻をする側にも理由は色々とあると思いますが、交通機関の遅延や、化粧等の準備に時間がかかってしまったり(女性は時間の逆算が苦手な人が多いです)、仕事や手前の用事が長引いてしまった等、こういうケースは女性にとっては決して「脈なし」ではありません。

しかしもちろん、そのデートに気のりせずに遅れてしまう脈なしの人もいます。当然その人は「あまり気のりしなかったから…」と正直に言うわけがありませんよね。上記であげた「脈なしではない理由」を告げる可能性が高いです。

あとは、遅れる旨の連絡がきちんと来るかどうか、さらに、本当に彼女が悪びれている様子なのかというところも、見分けるポイントになります。

そうは言っても、中には、彼氏であろうが友人であろうが、「遅刻することを悪い事だと思っていない」人も存在します。育った環境等の問題で、こういった人には全く悪気はなく、悪びれた様子を全く見せなくても、彼女はあなたを「大好きな恋人」と思っているケースもあるのです。

あとは、その日のデートの様子や彼女の態度などで、今後も恋人としてやっていけるのか十分に見極めることが大切です。

毎回デートに遅刻されたらどうするか

デート
前術で、遅刻しても仕方がない理由や、遅刻を悪びれないタイプの人の事もあげましたが、だからといって、「なんだ、そういう事なら仕方ない」と毎回遅刻を容認してあげるのも、ストレスがたまってしまいます。

毎回デートに遅刻してくる彼女にはどんな対応をしたらよいのでしょうか?ここではいくつか対処法を紹介します。

遅刻したら終わりのデートを設定する

つい毎回遅刻してしまう人の多くは、「遅刻しても問題ないから」と思っています。デート遅刻常習犯の人でも、会社の出勤時間にはきちんと出社していますし、旅行の飛行機等に乗り遅れるようなこともまずありません。それは、「その時間に遅れたら終わり」というのを本人が認識しているからなのです。

ですから、彼女と外でデートする時は、実際に乗る電車の時間を指定したり、ライブや映画など、事前にチケットを用意しているようなものの直前に待ち合わせを設定したりすると効果的です。正直、それでも遅れてくるようなら、脈なしかな?と思った方が良いかもしれません。

事前にやんわりと自分の気持ちを伝えておく

遅刻したその瞬間は笑って許しますが、デートの終わりやその後のやり取りなどで、自分の気持ちを伝えておく事です。もちろんその日遅刻したことを責めるような事はせずに、時間にルーズなのがあまり好きではないことをやんわりと伝えておきます。

これは、初めてのデートである程度信頼感が生まれたと感じた場合に有効な方法です。最初のデートで好意を抱いてくれていれば、「遅刻したら嫌われてしまうかも」と、次からもっと時間を気にしてくれるはずです。

遅刻することを仕方ないと割り切り、自分のほうが工夫する

どんな方法を試しても彼女が遅刻してしまう・・・それでも彼女の事が好きで、うまくやっていきたいと思うのであれば、待ち合わせに一工夫をするのが大切です。

「彼女が遅刻しないようにする」対策ではなく、「自分が彼女の遅刻を気にしないようにする」対策です。

何度かデートを重ねていれば、彼女の遅刻パターンが分かってきます。大体いつも5~10分遅れてくる彼女なら、待ち合わせ時間を本来の時間から5~10分早く伝えておきます。自分は本来の時間に行けば、遅刻した彼女と到着時間がほぼ一緒になります。

または、待ち合わせ場所というと「駅の改札」や「○○像の前」などを指定しがちですが、そこで遅刻されてしまうと待っている方は退屈で、イライラが更に募ってしまいます。そのため、あらかじめ待ち合わせ場所を「カフェ」や「本屋さん」など、自分が少しでも時間をつぶせる場所を指定しましょう。

たとえ彼女が遅刻してきても、自分は趣味を楽しむ事ができ、彼女から「着いた」という連絡があったら動き出せば良いのです。

結局自分が努力している…という風に取れますが、良い彼女なら、待ち合わせを上記のように指定されたら、「自分が遅刻するから気を使ってくれているのかも」と気が付いてくれるかもしれません。


今回は、デートに遅刻してくる彼女にどのように対応していけばよいのか、そんな遅刻彼女の対処法はないのか?ということを取り上げました。

そんな彼女と今後もうまくやっていきたければ、デートの待ち合わせにも一工夫が必要です。

有効な方法としては、

  • あえて絶対に遅刻できない内容の約束をする
  • 遅刻されることをあまり良く思っていないことをやんわりと意思表示しておく
  • 自分がイライラしないために待ち合わせ時間や場所を工夫する

というものがあります。

どの方法にしても、彼女の様子やキャラクターをよく観察して色々と試行錯誤してみると、二人にピッタリな待ち合わせ方法が見つかるはずです。

大切なデートの始まりで小競り合いや無駄なイライラが生まれないように、「待ち合わせもデートプランのひとつ」として大切にしていきたいものですね。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です