昇進祝いのメール!上司が昇進する場合だった時の例文!

公開日: : 最終更新日:2018/10/03



上司の昇進が決まったとき、お祝いのメールを送るべきでしょうか。

それは、あなたと上司の日頃の関係性によります。お世話になっている上司、直属の上司、日頃慕っている上司などには、素直にお祝いの気持ちを伝えたいものですね。

しかし、どのようにメールを送ったらよいのでしょうか。目上の人に送るわけなので、失礼があってはいけません。そこで、ここでは上司が昇進する際のお祝いのメールの送り方をお伝えします。

昇進祝いのメールで上司が昇進した時の例文

まずは、例文をご覧ください。
昇進祝いのメール

○○課長

お疲れ様です。営業第○部○○課の佐藤です。この度、○○○○にご昇進と伺いました。
誠におめでとうございます。

○○課長の仕事への向き合い方や、常に先頭に立って取り組む姿勢を見て、いつも尊敬しております。

また、これまでの○○課長の実績が評価されたということで、部下として嬉しくもあり誇りに感じています。

これから益々お仕事もお忙しくなるかと思いますが、くれぐれも、お体には気を付けてください。
また、お時間ある時にでも、ご活躍の様子をお聞かせください。

この度は本当におめでとうございました。取り急ぎ、メールにてお祝い申し上げます。

 

昇進祝いのメールを書く時のコツは?

で、例文を挙げさせていただきました。目上の上司に送るメールのため、失礼のないよう丁寧な文章で構成しています。

もし、上司とあなたとの関係がもっと親しいものであれば、もう少し親しみのある言葉や文章にしてもかまいません。

最初に、お祝いの言葉を述べます。

おめでたいお祝いのメールですので、上司に喜んでもらうためにも、上司を尊敬しているという内容を含めるとよいでしょう。

そして、今後の期待の気持ちを述べ、取り急ぎメールで連絡という内容を付け加え、締めます。

昇進祝いのメールを書く時の注意点

昇進

「散る」「傾く」など、縁起の悪い言葉は使用してはいけません。

気候の挨拶を加える場合は「桜の散る季節」ではなく、「新緑のまぶしい季節」という表現にしましょう。

お祝いのメールは、昇進が決まって、最低でも一週間以内には送るようにしましょう。

あまり遅くなると、失礼にあたります。

しかし、まだ昇進をはっきり確認しないままメールを送ってしまって、誤りであったとなると大変失礼になりますので、注意してください。

送る先は会社用のメールアドレスと個人用のメールアドレスどちらが良い?

今後も昇進された上司と共に仕事をするのであれば、お祝いのメールは会社用のメールアドレスに送ってかまわないでしょう。

しかし、栄転など、上司と離れてしまう場合、今後もあなたが上司と親しくしたいのであれば、個人用のメールアドレスにお祝いメールを送ってもよいでしょう。

贈り物を渡す場合何が良い?

贈り物
昇進のお祝いとして、メールを送るだけではなく贈り物を渡す場合、いったい何を贈ったらよいのでしょうか。

迷ってしまいますね。上司に喜ばれる贈り物の例をいくつか挙げてみましたので、参考にしてみてください。

ボールペン

仕事ですぐ使えるボールペンは、無難な贈り物でしょう。あまり高価なもの過ぎて、気を使われてしまうのも避けることが出来ます。気軽に渡せる贈り物です。

 

万年筆

ボールペンと同様、仕事で使え、喜ばれる贈り物になります。上司が日頃、万年筆を使用しているのかどうかを知っていなければ選べない贈り物となります。

 

ネクタイ

ネクタイをする環境で働く上司であれば、きっと喜んでもらえる贈り物です。

ネクタイは何本持っていても困りません。上司に似合いそうな柄のネクタイをプレゼントしてあげましょう。

アルマーニ、エルメス、グッチなどのブランド品はより喜ばれるそうですが、高価なものになりますので、親しい上司に送る場合や、連名で送る場合などになります。

 

お酒

焼酎、日本酒など。お酒を飲むことが好きな上司に限ります。

自宅で晩酌するのが好きな上司には、喜んでもらえることでしょう。

上司の好きな銘柄を知っていれば、それを贈るのもよいですし、普段はなかなか買えないような少し高価な銘柄を選んであげてもよいでしょう。

 

※お金を贈ることはやめよう

上司から部下へのお祝いとして現金を包んで渡すことは一般的ですが、上司に対してお金を贈ることは、失礼になりますので、やめましょう。


上司が昇進するとき、どのようにお祝いのメールを送ったらよいか、紹介させていただきました。

失礼のないよう最低限の注意点に気を付け、後はお祝いの気持ちが上司に伝わるように真心を込めてメールを送れば、きっと喜んでいただけるはずです。

お祝いを伝える手段として、メールではなく手紙を送るという方法もありますが、最近ビジネスでもメールが主流となってきた現代では、スピーディにお祝いを伝えるためにもメールで送ることが多くなってきました。

メールだからと言って伝わる思いが軽くなってしまう、ということがないよう、心を込めてメールを送りましょう。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です