親子遠足の服装でママは何を着て行く?帽子は?

公開日: :




幼稚園の親子遠足の服装に悩むママは多いですね。初めての親子遠足は色々と迷ってしまいます。服や帽子が他のママと違いすぎて浮いてしまうのは避けたいところです。

「服や帽子はどんなものがいいの?」

「他のママの靴はどんな感じなのかな?」

「親子遠足に合うバッグは?」

「気をつけるポイントってある?」

など、私が過去5回幼稚園の親子遠足に行った時の経験をふまえて、親子遠足の服装はどのようにしたらいいのかをお伝えします!

春や秋におすすめのファッションコーデ、親子遠足に持って行くと便利なアイテムなどもご紹介するので、初めての親子遠足で服装に悩んでいるママはぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

親子遠足の服装でママの服や帽子はどんなものが良い?

親子遠足の服装
親子遠足の服は、「動きやすい」「汚れても大丈夫」を前提に選んでください。

帽子は「つばが広めのもの」がおすすめです。

親子遠足での‘‘動きやすい服’’というのはこんな感じです。

  • Tシャツ
  • チュニック
  • デニムシャツ
  • ジーンズ
  • チノパン
  • キュロット

親子遠足は歩き回ったり地面に座ったりすることが多いので、パンツルックにします。春や秋の親子遠足は、肌寒かったりするのでパーカーやカーディガンなどの羽織るものがあるといいですね。

帽子は、日焼けを防ぐためにつばが広めのものにしてください。

親子遠足って結構長時間なので、たくさんの紫外線を浴びてしまいます。本当なら後ろに日よけがついている帽子を着用したいところですが、見ため的にものすごく抵抗がありますよね^^;

長い髪を結んで行くママは、「帰宅したら首の後ろが真っ赤だった!」なんてことも。

日焼け止めを塗っていても、途中で塗り直している暇が無いので結局日焼けしてしまいます。日焼け対策は、日焼け止めとストールの両方使いがおすすめですよ(^^)v

次は、おしゃれなママのためにおすすめの春や秋の親子遠足コーデをご紹介します!

春や秋におすすめのファッションコーデは?

春の親子遠足コーデはこちらです♪

ストール(グリーン)×チュニック(ネイビー)×チノパン(ベージュ)

ネイビーのチュニックとベージュのチノパンは、ナチュラルな印象で親子遠足のママにぴったり。ネイビーに合うグリーンのストールが春らしさを感じさせます。

ストール(淡いピンク)×Tシャツ(ホワイト)×カーディガン(ネイビーまたはブラック)×スリムジーンズ

濃い色のカーディガンで引き締めて、ストールは淡いピンクで優しい雰囲気に。ストールは透け感のある素材で春らしさを出しましょう。

ストール(ホワイト)×Tシャツ(ボーダー)×パーカー(グレー)×キュロット(ベージュまたはネイビー)

顔を明るく見せてくれるホワイトのストールと、着回しのきくグレーのパーカー。パーカーから見えるボーダーのTシャツとキュロットでアクティブな印象に!

春のストールは透け感のある素材やリネン(麻)がおすすめです。

リネンはナチュラル感もアップするので、ママコーデにはよく似合います。スリムジーンズが苦手なママは、クロップド丈のパンツがおすすめですよ。

クロップド丈とは、7分丈のような短い丈のことですが、パンツスタイルがいまいちしっくりこない背の低いママでもかっこよく着こなせます!

秋の親子遠足コーデはこちらです♪

ストール(ホワイト×ブラックのチェック)×長袖Tシャツ(ホワイト)ロングカーディガン(ベージュ)×スリムジーンズ

かわいらしい大きめチェックのストールと、ベージュのロングカーディガンで大人の女性らしさも忘れずに。

ストール(レッド×ブラックのチェック)×チュニック(ホワイト)×ロールアップジーンズ

レッドとブラックの秋らしいストール。くるぶしまでのロールアップジーンズはスニーカーとの相性抜群です。

ストール(グレー)×デニムシャツ×チノパン(ベージュ)

デニムシャツとベージュのチノパンの組み合わせは、白いスニーカーと合わせるとナチュラルなのにとってもおしゃれ。グレーのストールで上品なママの雰囲気に。

秋のストールのおすすめ素材は軽くて暖かいカシミアです。

最近は大判のストールが人気ですね。

春も秋も大判のストールをざっくり巻く感じにするといいですよ。大判のストールは首に巻くだけじゃなくて羽織ったりもできるので春用と秋用を揃えておくと便利です。

素材と色で季節感を出していきましょう!

では、靴やバッグはどんな感じがいいのでしょうか?

靴やバッグはどんなものが良い?

スニーカー
親子遠足に履いて行く靴はスニーカーで、バッグはリュックがおすすめです。

親子遠足は親子でできるゲームをしたり、ダンスのような体操をしたりとたくさん動くことになります。

うちの子が幼稚園の時の親子遠足では、オリエンテーリングがあってかなり長い距離を子どもと一緒に歩きながらポイントを探しまわりました^^;

最初の親子遠足の時にトートバッグで行ったのですが、荷物を持ち歩くのに大変だったのを覚えています。

リュックの場合は両手が自由なので、子どもと手を繋ぎやすく移動も楽でした。

特に、親子遠足に下の子を連れて行かないといけないママは両手が空いているほうがいいですよね(^^)

では、服装で気をつけるポイントはどのようなことがあるのでしょうか?

服装で気をつけるポイント

親子遠足の服装
服装で気をつけるポイントは、派手にならないことと清潔感を意識することです。

親子遠足は親子で楽しむのはもちろんですが、保護者同士の交流の場でもあります。

他の保護者に

「話しかけずらい」

「近寄りがたい」

などと思われないように、シンプルでナチュラルな服装にしましょう。

春の親子遠足の場合は、入園や新しいクラスになった直後というタイミングですよね。

親子遠足で他の保護者と交流を持つことで、今後の園生活を円滑に過ごすことができます。園生活でわからないことや、困ったことを相談できる相手がいると心強いものです。

親子遠足で園の情報を共有できる仲間を作ってみてくださいね。

私が親子遠足の時に、「これはあって良かった!」と思ったアイテムをご紹介します。

親子遠足に持って行くと便利なアイテム

お弁当
親子遠足に持って行くと便利なアイテムはこちらです♪

携帯ウエットティッシュ

園から指定された持ってくる物の中に、お弁当を食べる時のお手拭きがあると思います。

お弁当を食べる時にはお手拭きで大丈夫なのですが、おやつの時間もあるのでウエットティッシュは何かと役立ちました。

絆創膏

先生が救急セットを持って行ってくださいますが、転んだ時に救急セットを持っている先生を探すのは大変です。

うちの場合は先ほどもお伝えしたようにオリエンテーリングだったので、転んだ時に先生を探さなくても自分でサッと絆創膏を貼ってあげることができたので助かりました。

防水パッド

防水パッドとは、怪我した時に絆創膏の上などに貼って水が入らないようにするものです。

小さい子は、転んだ時にちょっとした怪我でも泣いてテンションが思いっきり下がることもありますよね。絆創膏を貼ってもまだグズッている時には、絆創膏の上から防水パッドを貼ってあげると気分が回復しやすいんですよ。

防水パッドはドラッグストアにもありますが、100均のダイソーにも3枚入りで売っています。

消毒綿

こちらも怪我つながりなのですが、転んだ時には消毒してから絆創膏を貼りたいですよね。消毒綿もダイソーに3枚入りで売っています。

個包装のお菓子

親子遠足の時はお弁当の後にお菓子タイムがあります。

お弁当を食べる時には子どもが仲良しの子を誘いあったり、たまたま近くにいた人と隣に座ったりしてみんなでわいわい食べるのですが、その時に子ども同士でお菓子の交換をすることが多いんです。

また、近くに座っているママに「良かったらどうぞ」ってお菓子をいただくことも。その時にお返しするお菓子がなかったら気まずいですよね。

子どもどうしの交換には飴、おすそわけのお菓子は大袋に入っている個包装のお菓子(コアラのマーチの大袋など)がおすすめですよ。

日焼け対策アームカバー

日焼け止めだけでは不安なので、日焼け対策アームカバーも着用しましょう。親子遠足には、指まで全部覆うものよりも指だけ出ているアームカバーのほうが便利でした。

便利アイテムに怪我した時のものが多いのですが、親子遠足の時に転ぶ子はたくさんいます。

せっかくの親子遠足なのに転んでしまったことで、テンションが下がったまま過ごすことになったらかわいそうですし、なだめるママは一苦労ですよね。

手当てグッズを持参して、万全の状態で親子遠足を楽しみましょう!


これまで、親子遠足の服装などについて色々書いてきましたが以下がまとめです。

親子遠足の服装でママの服や帽子は、

  • 服装は派手にならないように清潔感を意識する
  • 服は動きやすくて汚れてもいいパンツスタイル
  • 帽子はつばの広いもの
  • 日焼け対策にはストールがおすすめ
  • 靴はスニーカーでバッグはリュック

親子遠足は、パパやママと一緒に行くことができるので子どもはとっても楽しみにしています。

ママは朝からお弁当作りに大忙しですが、慌てて忘れ物をしないように前もって持ち物や服装などの準備はしておいてくださいね。

私は毎年、出発ぎりぎりになって「帽子どこあったっけ?」なんてことになっていました^^;

みなさんはそんなことのないように帽子、服、ストールを前日までには並べておきましょう!

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です