曇りでも紫外線に日傘は必要?日焼けするほど強い?

公開日: : 最終更新日:2018/10/05



徐々に暖かくなってきました。春本番ですね。良い天気の日は外で散歩するのも良いですね。街にでてショッピングなども良いかも知れません。
では外出しましょう。とは、いかないんです。
今回のテーマは曇りの日でも日傘は必要か?です。巷では必要って言われていますよね。

でも、色々な人がバラバラな事を言っているので情報混乱を起こしています。

そこで本当のところどうなのか調べてきました。見ていって下さい。

曇りの日の紫外線

晴れの日を100%だとすると、

  • 曇の日の紫外線は60%ほどです。
  • 薄曇りの日の紫外線は80%ほどです。
  • 雨の日でさえも紫外線は30%ほどあります。

気象庁|紫外線の性質

実に多いですね。もうこの時点で曇りの日でも日傘は必要だと言うことが分かります。

晴れて良い天気の時は暑さを実感出来るので日陰に入ったりして対策をとるのですが、曇の日は暑くないためどうしても対策を怠りがちです。なので、曇の日の方が紫外線を多く受けて日焼けするわけです。

更に、雲の状態によっては、雲が比較的多くても日射しを受けていれば、快晴の場合よりも紫外線を受けていることもあります。

そのような理由で日傘は絶対必要です。

では、

  • 何月に対策が必要なのでしょうか?必要な時期ですね。

一年を通して必要なのですが特に必要なのは3月から9月です。紫外線量は7月を頂点にして山形になっています。

気象庁| 日最大UVインデックス 推定値)の月別累年平均値グラフ

  • 何時に対策が必要なのでしょうか?必要な時間帯ですね。

9時から3時頃まで必要です。紫外線の量は12時をピークに山形になっています。

気象庁| 晴天時UVインデックス 推定値)の時別累年平均値グラフ

  • 地域はどうでしょうか?必要な地域ですね。

対策は北海道も含めて日本全域が必要地域です。勿論、北のほうが紫外線は少なく南の方が多いのですが…。

気象庁| 日最大UVインデックス 推定値)の月別累年平均値全国分布図

これらはその日の天候により大きく異なります。その時その時の天候をよくかんがみて対処していきましょう。

では、日傘さえさしていれば大丈夫なのでしょうか?

紫外線と日傘

日傘

紫外線対策には日傘が必要です。直射日光を防いでくれるのは日傘です。

日傘は無くてはならないでしょう。極端に言えば夜以外は一年をとして全ての天候、時期、時間帯に必要です。

日傘選び

日傘には紫外線(UV)カット率があります。紫外線とUVは同じ意味です。当然、カット率が高いものを買いましょう。

この時にどのような生地、色が良いのかという質問をよく受けますが、UVコーティングをしているものならなんでもOKです。たとえ光を通していたとしてもUVカットされている物ならほぼ100%紫外線をカットしてくれます。

 

もう1つ遮光率というものがあります。これは可視光線(目に見える光)をどれくらい抑えるかで遮光1級日傘なら99%の可視光線を防いでくれます。ただこれは紫外線とは関係なく暑さ対策なので此処では割愛します。

ではUV100%カットの日傘をさしていれば良いのでしょうか?
答えはNO!です。
紫外線を防げる量

日傘をしていても紫外線を100%カットはしてはくれないんです。日傘をして防げる紫外線の量は半分ほどと言われています。

これは道路のアスファルトや建物の壁などから反射して傘の内側に10%程は入ってきます。また、空気中の分子などに反射して傘の内側に入ってきます。

これを散乱光と言います。紫外線の総量のうち、半分程度が散乱光と言われています。

 

なので残念ながら日傘だけでは不十分です。

日傘

日焼け止め

日傘だけでは不十分なので日焼け止めは必須です。外に20分も出ることがあるなら日焼け止めをしましょう。

日焼け止め製品には、SPFとPAの指標があります。

  • SPF

紫外線防御指数でUV-Bの防止効果を表す指標です。
SPFは日焼け。黒ずみの元となるUV-Bを防ぐ数値です。SPF30と表示された商品の場合は何もつけていない時より30倍遅いスピードで日焼けします。マックス50です。

  • PA

UV-A防御指数でUV-Aの防止効果を表す指標です。
PAはお肌のシワなどの元になるUV-Aを防いでくれます。数値が高いほどよく防いでくれます。

少なくともSPF30の表示がされている日焼け止めを買いましょう。これを常にぬって外に出て下さい。そして屋内に入ったら良く洗い流して下さい。説明書をよく読んで下さいね。^^

サングラス

では、これで完璧ですね、といいたいところですが実はそうではありません。
目が大切なんです。目から入ってくる紫外線が侮れません。必ずUVカットされたサングラスをして外に出て下さい。

まとめ

日傘

お伝えして来たことをまとめると、

  1. 曇の日でも日傘は必要
  2. 日傘だけでは防げないので日焼け止めが必要
  3. それだけでも防げないのでサングラスが必要

でしたね。

特に今回のテーマであった、曇の日はどうなの?といえば、

  • 曇の日も全くもって紫外線対策は必要
  • 夜以外は全国365日紫外線対策は必要
  • 日傘は必需品
  • 日傘はUVカットのものを選ぶ

です。

その上で日焼け止めやサングラスなどをしましょう。

意外に日傘の活躍頻度は多いですね。(+_+)

今の日傘はUVコーティングされているので黒だけではなくいろいろな色でオシャレが出来ます。

そんなことも考えながら日焼け止めを考えていきましょう。

これで紫外線対策はバッチリですね。(^_^)v

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です