じゃがいもの保存を冷蔵庫でしてもいいか?いけない?

公開日: : 最終更新日:2018/10/06




じゃがいもというと、年中スーパーで見かける定番野菜ですよね!

ポテトフライ、ポテトサラダ、肉じゃが、カレーなど、ジャガイモが食卓に出る出現率は他の野菜に比べて確率が高い野菜です。

でも、袋に一杯に購入したじゃがいもを保存するのは冷蔵庫でいいのでしょうか?
それとも他によい方法があるのでしょうか?

そこでじゃがいもの正しい保存方法を調べてみました。

じゃがいもの保存を冷蔵庫でしても良いのか?

じゃがいもの保存
じゃがいもにとっての最適保存温度は、5℃前後が良いようです。

つまり、夏のように気温が上がる季節は、常温保存よりも冷蔵保存した方が保存状態が保てるということになります。

冷蔵庫に保存する際には野菜室に入れるのが良いでしょう。

野菜室で保存する場合は、じゃがいもを購入したままの状態で入れると乾燥してしまい、じゃがいもの皮がシワシワになってしまいます。

これを防ぐためには、じゃがいもを一つずつ新聞紙に包むことにで乾燥を防ぐことができます。

また、巷で良く聞く「リンゴを一緒にいれる」方法もありますが、これはじゃがいもの芽が出るのを抑える効果はあります。

しかし、リンゴから出るエチレンガスの濃度や温度の調節が難しいので、リンゴと一緒に保存する方法は必ずしも適しているとは言えないのです。

少し手間ですが、一つ一つ新聞紙に包んで保存するのがベストです。

じゃがいもの正しい保存方法は?

段ボールのじゃがいも
じゃがいもは、湿気の少ない冷暗所で保存をするのが普通です。

また、じゃがいもは湿気が苦手なので、風通しの良いところに置き一つ一つ新聞紙に包んで保存すると湿気を防ぐことができます。

じゃがいもが大量にある場合は、段ボールなどの箱に新聞紙を敷きつめて保存するようにするとよいでしょう。

敷き詰めるだけで不安な方は、4~5個くらいまとめて新聞紙に包んで保管するのも保存のもう一つの方法です。

じゃがいもは光に弱く、少しの光でも光合成をして皮が緑になってしまうので、箱に入れて保存する時は、上から新聞紙や黒いビニールで覆っておきましょう

じゃがいもの賞味期限は?

じゃがいもイメージその1
基本的にじゃがいもは日持します。

しかし、夏場の気温が高くなる時期はそのまま常温で保存期間は一週間です。

冷蔵庫(野菜室)に入れて、5℃くらいの温度が保てれば、1~2ヶ月は持ちます。

冬場の寒い時期であれば、冷蔵庫に入れなくても風通しが良く、冷暗所で5℃くらいの環境が確保できれば、1~2ヶ月は持ちます。

茹でたり、火を通してしまったものであれば、冷蔵保存でおよそ4日くらいまでは美味しく頂けます。

じゃがいも本来のおいしさを味わいたいなら、やはり購入した当日から翌日に食べるのが一番良い方法です。

じゃがいもを長持ちさせるコツは?

じゃがいもイメージその2
じゃがいもの性質は光が当たると光合成によって、表面が緑色になります。

スーパーなどに行ってじゃがいもをみると、時々やや緑がかったじゃがいもを見かけることがあるかと思いますが、それはこういった原因によって発生しています。

こうなると、味・品質が劣化しているため、光の当たる場所での保存は禁物です。

また、5℃というじゃがいもにとっての適温が守られる環境の中に置き、湿度を避けられる環境に置くことが長持ちさせるコツです。

長持ちさせるポイントは

        

  • 光に当てない
  • 5℃の気温が保てる場所に置く
  • 湿度を避ける

となります。

これらの基本を守って季節に応じたジャガイモの保存方法を選びましょう。

じゃがいもの冷凍保存の方法は?

冷凍保存したじゃがいも 調理例
じゃがいもをもらいすぎて冷蔵庫では保存しきれない!というとき、冷凍保存という方法もあります。

しかし、じゃがいもを生のままの冷凍すると、解凍したとき中身がスポンジみたいにスカスカになりますし、茹でたじゃがいもも同様に食感が悪くなるため、そのままの状態では冷凍しない方が良いでしょう。

一番良い方法は、茹でたじゃがいもを細かく潰し、マッシュ状にすれば冷凍保存が可能となります。

じゃがいもを茹でる、もしくは電子レンジでもいいのですが、火を通したじゃがいもの皮をむき、ジップ付き冷凍保存バックに入れて袋を破かないように、袋の上からつぶしていきます。

解凍する際のことを考えて、マッシュ状のものを小分けにして冷凍保存しても良いでしょう。

この状態で、賞味期限は2~3週間は日持します。

なお、解凍したじゃがいもは、コロッケポテトサラダに使用する良いでしょう。

まとめ

様々な料理に変化する優秀野菜、じゃがいも

これらを長~く、保存する方法は

    

  • 5℃の温度を保てる風通しの良い場所に保管する(夏なら冷蔵庫)
  • 新聞紙で包むか新聞紙を引いて保管する
  • 光に当てない
  • どうしても余ってしまうときはマッシュ状にして冷凍保存

これを守って美味しいじゃがいもを長く楽しみましょう!

でも、基本は、買ったら早めに使いきることです!

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です