赤ちゃんの麦茶の飲ませ方!与え方や量は?飲まない時は?

公開日: : 最終更新日:2018/10/06




夏も暑い盛りになってくると、産まれたばかりの赤ちゃんをもつお母さんは大変なことだろうとお察しします。

特に、暑いと脱水症状などが心配でたまらないと思います。

でも、ミルクでは濃すぎるのでは?ミルク以外に飲ませていいものってなにがあるのか?などわからないことや心配なことだらけです。

そこで、自分も将来的に赤ちゃんが産まれた時のためにと思い、自分なりに調べてみましたので書いていきたいと思います。

赤ちゃんの麦茶の飲ませ方!与え方はどんな方法がある?

暑い夏場、赤ちゃんに水分を与えたくなったからと言っていきなりストローで与えてしまうと、吸引力などの問題で赤ちゃんに負担がかかってしまいます。

ですから、初めは離乳食と同じようにスプーンで少しずつ飲ませてあげましょう。

だんだんと飲むようになってきて、スプーンでは追いつかなくなってきたらストローで少しずつ飲ませてあげると良いでしょう。

発育の早い赤ちゃんでしたら、最終的にはコップから直接飲ませることも可能ですが、無理はさせないことです。

●麦茶の飲ませ方

  • スプーン
  • ストロー
  • コップ飲み

飲ませ方や与え方としましては、主にこの3種類になります。

赤ちゃんの麦茶の量は?

それでは、赤ちゃんに飲ませる麦茶の量はどのぐらいが最適なのでしょうか?

まずは、こまめに少しづつ飲ませることをおすすめします。

具体的に言うと、麦茶は1回につき10~30mlが良いようです。

赤ちゃん喉が乾いてるのかな?とお母さんが感じた時や、たっぷり汗をかいているけどミルクまで間がある時、お出かけ先で授乳ができない時、おしっこがあまり出ていない時などに少しずつこまめに与えてあげましょう。

水分を欲するからといって、麦茶ばかりを与えると栄養不足になってしまいますから分量は母乳やミルクの妨げにならない量にしましょう。

あくまでも赤ちゃんには栄養分の方が大事だからです。

赤ちゃん

赤ちゃんの麦茶の作り方は?

暑いと、大人は冷たい麦茶を好んで飲みますが、赤ちゃんは違います。

離乳食や母乳を飲ませてる期間ですから、麦茶も慣れてる母乳のような人肌の温度にしてあげましょう。

赤ちゃんにあげる前には、冷たい麦茶ならばお湯で2~3倍に薄めてあげると濃さも温度もちょうど良くなります。

逆に、沸かしたばかりの熱い麦茶ならば、ミネラルウォーターや氷を入れて少しぬるくなってから与えるとよいでしょう。

とにかく赤ちゃんにとって苦にならないように、人肌に調節した温度の麦茶を作ることが重要です。

麦茶

赤ちゃんの麦茶はいつから?

ここまで書いてきましたが、そもそも赤ちゃんに麦茶を飲ませてもいい時期はいつからなのでしょうか?

よく店頭でノンカフェインの「ベビー麦茶」って見かけますよね。でも、一体いつから飲ませたらいいのでしょう?

結論から言うと、離乳食を与え始める生後6ヶ月ぐらいからが最適です。

離乳食を食べるのにも喉がつかえたりしないでスムーズに食べさせるためにも水分は大事です。

その際に与える水分として、白湯か麦茶を飲ませてあげます。

生後4ヶ月までに麦茶や果汁を与えると、食物アレルギーを起こす可能性があります。

ですから、お風呂あがりの水分補給もできる限り白湯のほうが良いです。

麦茶も植物由来ですから、食物アレルギーを起こさなくなる時期から与えてあげましょう。

赤ちゃん用

赤ちゃんが麦茶を飲まない時は?

いくら発汗がはげしかったり、暑い時期だからといっても、ごくごく飲んでくれない時や、けほけほと吐き出してしまう時だって往々にしてあります。

嫌がったら、無理に飲ませず焦らずに少しずつ飲ませるタイミングを見計らってあげましょう。


自分なりに、赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方を調べて挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

この夏の大変な時期、ご自身と赤ちゃんの両方の健康を保つために大変だとは思いますが、少しでも参考になりましたならば幸いです。

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です